北海道丘珠空港ページェント of AOPA2012手直し


ENTER

北海道丘珠空港ページェント

北海道支部長 斉藤修二

2006年9月10日札幌飛行場(陸上自衛隊丘珠駐屯地)において第24回航空ページェントが開催されました。

 このページェントは、主催:北海道航空協会(HAA)及び(社)北海道スカイスポーツ協会、後援:国土交通省及び(財)日本航空協会、協力:防衛庁、北海道警察、朝日・毎日・読売・北海道各新聞社、北海道・札幌テレビ・北海道テレビ・北海道文化及びテレビ北海道各放送会社、JAL、ANA、エアヒッポンネットワーク、北海道エアシステムに在日米4軍の参加となる日本では例を見ない規模のユニークな航空ショーです。
 昭和39年(’64)HAA設立と同時に第一回航空ページェントが開催されました。じ来昭和49年(’74)までは概ね毎年開催でしたが、以降は隔年開催となり現在に至っています。
 不肖私もその年に着任、北部方面航空隊の一員として当ページェントに協力、平成13年退官後は一航空ファンとして楽しんできました。その間Fー86、Tー2及びTー4の各ブルーインパルスのアクロ飛行、海兵隊のハリアーの参加(滑走路を焼いた)あるいは北方航空隊のOH-6ヘリコプター5機による定番・絶妙の編隊飛行など話題は尽きません。
 今回はAOPA-JAPAN北海道支部長として、畑中事務局長、青木専務理事ほか会員多数の方々の参加・協力を頂き、大変有意義な航空ページェントとなりました。又図らずもAOPA-J会員各位の柔軟な行動力と神出鬼没の秘匿行動性は、元航空隊パイロットとしてのお家芸をも超えんばかり、私も思わず舌を巻くほどでした。しかしながら、畑中事務局長の豊富な経験に基づくきめ細かなご指導のお陰を持ちまして北海道支部として最低限のおもてなしが出来たと感謝しています。
 次回は再来年の9月、第25回が予定されますが、是非皆様方のご協力を頂いて今回に増す楽しい有意義な航空ページェントとなることを願って止みません。ありがとうございました。