2002年2月、フィリピンセブ島フライイン of AOPA2012手直し


ENTER

2002年2月、フィリピンセブ島フライイン



2/8 JA3766(P210 久下機) とJA777M(MALIBU 竹内機)はROIG(石垣空港)まで行き、一泊してCIQ、JA5276(PA31 MOJAVE 平尾機) とJA525A(CITATION CJ1 高田機)は ROAH(那覇)まで行き、一泊してCIQをすませました。
例によって、ROIG、ROAHでの事前の調整やCIQの手続き等で川満沖縄支部長には大変お世話になり、有難うございました。川満支部長にも一緒に行きましょうと何回もお誘いしたのですが、どうしても都合がつかないと言う事でお世話になりっぱなしと言う事になりました。

2/9 JA5276はROAHを午前9時半頃離陸して途中ROIGで給油の後、RPLB(SUBIC BAY)に向かいました。ルートは ROIG-SADEK-MEVIN-LAO-RPLB で高度は12,500 VFR。(IFRではありません。)他の機体も同じルートですが、CJ1はROAH-RPLB直行でした。
EN-ROUTEは風も強くなくGS150-160ノットで4時間15分でRPLB到着。
RPLBではP210に日本から同乗していた石田氏が給油の手配からCIQの交渉、手続きまで全部やって頂いてスムーズに終了しました。フィリピンのCIQはお国柄、手続きだけでなく、所謂、交渉と言うものが大変重要で、スムーズと言いましたが、実は舞台裏で色々あって、石田氏も苦労されたようです。(RPLBでのCIQは今回が初めてで、今までは到着地のセブ島でやっていた。)
RPLBを午後4時半頃離陸して(IFR)、FL150で2時間30分でRPVM(MACTAN, CEBU)に到着。ホテルの和食レストランで先崎会長主催の夕食会。新会長先崎氏の挨拶、乾杯のあと夕食会になりました。

2.10 一日自由行動でJA777Mは石田氏のRP-C2703(V-BONANZA)と二機で途中お互いに空撮しながら、RPVA(レイテ島)へ行き、有名なマッカーサー元帥の記念碑を見学して、海岸のレストランでランチをしてセブ島に帰ってきました。
夜はセブ市内のフィリピン料理屋(SEAFOOD)で全員が集まって、ロブスター、カニ、あわび等のごちそうに舌鼓をうちました。


2/11 早朝にTOP FLIGHT AVIATIONに集合し、石田氏のRP-C2703(V-BONANZA)を先頭に JA3766、JA777M, JA5276が次々にRPVMを離陸し、VFRでRPLB(SUBIC CITY)に向かいました。 RPVM-RPLBはDOMESTICでRPLBでCIQをやるので、念のため石田氏にRPLBまで同行をお願いしました。EN-ROUTEは概ね天気は良好でしたが、MANILAより北はOVERCAST(約6000feet位)でした。
離陸後約2時間10分でRPLB到着。(CJ1はRPVM-ROAH直行のためRPLBは寄らず。)4機無事に着陸後、燃料を入れてそろそろ出発と言う段階で、案の定というべきか大問題が発生しました。出国手続きでも問題は若干あったのですが、それは石田氏が何とかクリアー。しかしもっと大きな問題は、 MANILLAの国家警察が、出国の許可をなかなか出さず、飛行機のところで延々と待たされるハメになり、結局夕方6時ごろに許可が降りたのですが、もう日本のCIQに間に合わないので、SUBICでもう一泊することになりました。明日一番機(JA3766)は08:00に離陸予定です。


2/12 午前8時過ぎ位からJA3766、JA777M, JA5276 と続いてRPLBを離陸して、日本にむかいました。 JA5276はSAN-LAO-MEVIN-SADEK-MYC-ROAHと言うルートで(他の2機も同じ)FL155 VFR。
途中SADEKでPOSITION REPORTを後ろにいた日本航空JL712便(SIN-NRT)にリレーを依頼したら、偶然にも私の大学時代の同期生で今も親友の塚越という機長が乗務しており、お互いにラジオで話しながら太平洋上空を飛行し、同じAIRWAY上だったのではるか頭上を(FL370)追い越していくのを見送ると言う出来事がありました。
ROMY(宮古島)近くまで来たら、燃料が那覇まで行くには、ギリギリになりそうだったのでROMYにDIVERTし給油後直ちに離陸してROAHに午後4時頃着陸。那覇でのCIQはまたまた川満沖縄支部長にお世話になって無事終了。直ちにRJFF(福岡)に向かって出発し午後8時半頃着陸して今回のフィリピンフライトを全行程無事に終了しました。
沖縄の川満さん、セブの石田さんをはじめ関係の皆さんに大変お世話になりました。
有難うございました。
以上、山縣氏のレポートより。写真提供も山縣氏です。
注) CIQ=Custom Immigration Quarantine