新島フライインに参加して of AOPA2012手直し


ENTER

新島フライインに参加して (調布 佐久間 洋行)

 9月15日、当初から天候は概ね曇り、せっかくの新島海水浴&バーベキューなので晴れてくれればいいなと思いながら、青木常任理事が操るJA4046「青木派」6名は調布から一番機として青い空、青い海、楽しい思い出作りを楽しみに飛び立ちました。
image1[3].jpg

 新島空港の駐機に関して、福増副会長が何度か模型を使って管理事務所と交渉している話を聞いていましたので少し心配でしたが、何事も無く駐機Clear。空港ロビー前には移動用の植長丸ワゴン車がお出迎え。さすがAOPA JAPAN段取りの良さを実感しました(ドライバーさんは現地の人かな・・・?)。

 その後、軽く昼食を取り青い海としばらく格闘。疲れた所で水着のまま温泉で海岸線を見ながら疲れを癒しながらも、何だか温泉はやっぱり生まれたままの姿が一番。高台にある温泉でもう一風呂。1日目の宴席で畑仲事務局長から会員の紹介をして頂き、ここでワゴン車のドライバーさんはAOPAサポーターの泥谷さんであることに驚き、世界的の庭師でもあるとのことでした。又、清水港折戸マリーナから今橋会長のクルーザーで来られた会員からは出航の際、スピードが出ない為、船底やプロペラに付着したフジツボや貝、藻などを除去したというアクシデント話に耳を傾け美味しい海の幸料理とお酒で盛り上がりました。

 部屋では青木理事の寝言に続き歯ぎしり、いびきの大合唱で1日目は朝方まで宴会は続きました。2日目はバーベキューの設営、植長丸トラックにテーブル、椅子、クーラーBOX、新鮮な魚介類等を運搬して、タープ(日除け)をしっかり固定し準備しました。

 次々とAOPA会員の小型機が新島空港にApproachして行く中で、JA3992内海理事のPA46がご挨拶と愛嬌で頭上500feet?位で轟音と機体の真下の見学を楽しませてくれました。

 その後、全員で記念撮影。しばらくバーベキューを堪能して盛り上がりも最高潮のうち浦賀から来た新艇クルーザーと福増副会長の愛船(笹舟)2艇でお隣の式根島の入江へ停泊、水深5~6m珊瑚や熱帯魚に伊勢えび!岩場からの飛込み、シュノーケリングで海の仲間達を観察、皆、時を忘れて子供になったひと時だったと思います。この場所は表現出来ない程、きれいな所でまた是非行ってみたい場所でした!

 2日目の夜宴会では福増副会長、各大先輩の挨拶に続き浦賀から来た新艇クルーザーのご紹介や、我々6人中2名の新入会員も畑仲事務局長に紹介して頂き、終始和やかな宴会でした。更に最後の夜なので街に繰り出し青木派6名はお酒&マイク片手に楽しみ、宿に帰っても前夜と同じ大合唱は続くのでした・・・。新島フライインを振り返って、大先輩の方々と共に夏の思い出を楽しむことが出来ました。

 そしてこれから自家用操縦士として沢山の経験を学び、AOPA-JAPANの活動に積極的に協力していきたいと思っております。特に安全講習会や海外フライトそしてAOPA Flight Academyでは技量維持、離着陸訓練等が手軽に出来る環境が整っております。夢を現実に変えてくれるAOPA-JAPANの活動に更なる発展を願うばかりです。

 自由な大空を世界のGA(General Aviation)の仲間と等しく共有したい・・・。


image2[1].jpg

タイトルを入力します

Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt

image3[4].jpg

タイトルを入力します

Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua.