調布空港祭り’08  盛況裏に終了  of AOPA2012手直し


ENTER

調布空港祭り’08  盛況裏に終了    AOPA-JAPAN事務局長 畑仲 紀子

2008年度の調布空港祭りは2008年10月19日大盛況のうちに終了いたしました。今回は駐車場の用意がなく車での来場は不可という状況下でしたがそれにも拘わらずただ1日の開催だけで25,000人もの人々が来場、前年に劣らぬ人出となりました。いかに大勢の人々が空に憧れ飛ぶことに興味を持ち飛行機を身近に見たいかというこれも一つの証明でしょうか。

 その様な中、今回もAOPAメンバーは24名の会員の方々とその家族お友達まで集まって早朝から1日中皆さんボランティア活動に汗を流しました。

 JA4133 AOPA号と福増副会長のサラトガ機によるコックピット撮影大会には1日中大勢の親子の列が絶えません。我々は子供達が怪我をしない様細心の注意を払ってコックピットに乗せてあげるので担当の会員は大変な重労働です。

 もう一つ1日中長い列が続いたのはシミュレーター教室でした。石川勉会員と渡辺了敏会員が中心となって大勢の子供達を将来のパイロット候補に育ててあげたようです。

 また、全国の会員より寄付を頂いたジャンク市も大好評、となりのAOPA名物生ビール枝豆付きの販売も堀内会員、泥谷さん、仁知加ちゃんのチームワークで完売でした。

 また、荻原会員が陸路はるばる福岡から手伝いに来て下さり、調布の会員と交流を深めて下さったことも付け加えさせて頂きます。

 この様に今回も全国の会員の献身的な労働奉仕と協力のもと、無事成功裏に終了致しました事、改めて御礼申し上げます。