AOPA-JAPAN Fly In

北海道フライイン'12
~北海道航空ページェントに参加して~
    AOPA-JAPAN 事務局長 畑仲 紀子

 昨年に引き続き今年の夏もAOPA-JAPANでは北海道フライインを実施いたしました。今年は7月29日、 丘珠空港にて開催された北海道航空ページェントにご招待いただき参加、機体展示にて協力させていただ きました。  
 7月27日午後、北海道美唄農道空港に集合。現地ではステーガー会員、大村支部長、斎藤前支部長が待っていて下さいました。1年ぶりの美唄農道空港は相変 わらず美しい風景で懐かしいです。  
 ゆうりん館という第三セクターの宿も素晴らしく、 夜の懇親会には、美唄市から、この農道空港建設当時 から携わっていらっしゃった須田農政部長さんが出 席して下さり、地元のステーガーさんと美唄町の良き 関係が伺われました。ステーガーさんの長年の地道 な努力が実りつつあるのですね。  
 翌朝は明日の航空ページェントに備えて、いよいよ 丘珠空港に入ります。出発前、ブリーフィングで入る 順番を決め、5分間隔で整然と丘珠にフライイン、そ の後、主催者である北海道航空協会から明日の説明を 伺い、バスにてホテルへ。明日フォーメーションフラ イトをするダイアモンド機のステーガーさんとビー チ機の西村 柳川チームはリハーサルです。又、八尾か らの志磨会員のビーチ機も到着して、夜は大ジンギス カンパーティーとなりました。  
 北海道の全会員が出席、金子会員、荒木会員、竹内先生は奥様も出席してくださいました。新入会員のベ ンさんもニセコから初参加です。26日のメールを読 んで宇都宮の堀川会員ご夫妻も合流、場所は札幌ビー ル園のクラシックホールを大村支部長が手配して下 さり、なんと34名の大懇親会でした。  
 29日、当日は早朝6時45分会場入り、機体を自衛 隊地区に移動します。小型機が20機、あとは自衛隊機と岩国や厚木からの米軍 機が展示されます。  
 開場と同時に大勢の人々が入場、改めて航空ショー の人気に驚かされます。ス テーガーさんと西村さんの フォーメーションフライト も素晴らしいパフォーマン スでした。  
 午後3 時のページェント 終了を待って、順次、丘珠を 離れ鹿部空港へ、八尾の志磨 会員は別荘のある新得農道 空港へと移動しました。  
 鹿部空港はヨーロッパを 想わせる森の中の美しい飛行場です。宿泊は近くの 鹿部温泉で汗を流し、このフライイン最後の鹿部ハンガートークは夜遅くまで続きました。  
 翌朝、又の再開を約して解散、全機無事帰投し今回 のフライインは無事終了致しました。  
 今回は、横田カンファレンスでお世話になっているモリモト少佐が休暇中のため、AOPA号で調布より全行程参加、AOPAメンバーと友好を深めました。 お世話下さったステーガーさん、大村支部長、有難うございました。北海道航空協会 高原様、また美唄市農 政部須田部長、山本主幹には大変お世話になりまし た。又、参加して下さった皆様、ほんとうに有難うございました。  
 天候に恵まれ最高の夏休みでした。