AOPA-JAPAN Fly In

Hokkaido Fly-In, July 2012: Bibai - Sapporo - Shikabe
   AOPA-JAPAN 北海道 ペーター ステーガー

 August every year, it is the almost unbearable hot season in Honshu, so many pilots look for an excuse to fly north, and actually the AOPA-J chapter in Hokkaido is happy to welcome all members for any reason and even more happy to arrange for an annual flyin. This year the event had three stages: 1. Bibai, 2. Okadama Airshow, 3. Shikabe. At the Okadama Airshow nine airplanes participated from AOPA. I had the pleasure to fly with Yanagawa/Nishimura san an exhibition fl ight, which was very exciting, but next time we should spend more time on training – I just recognized how really difficult it is to fly in a formation, and the amount of training it requires.  
 But let’s start from the beginning, everybody arrived timely in Bibai on Friday July 27th, 2012 and after some hangar talk we went to the Yurinkan, hot spring and hotel – a nice place with good food to stay for everybody visiting the airport in Bibai. There is also a golf course just beside the airport, this time nobody played golf, but hopefully there will be a next time!! In the evening we had a wonderful party, which was attended by Mr. Suda, Bucho of the Argricultural (農政部) department . On Saturday all went to Okadama airport in preparation for the Sunday Airshow and Saturday evening was spent in a lively Dschinghis Khan Restaurant. The next day all enjoyed the wonderful Okadama airshow with many exhibitions flights, however some flights were cancelled due to recent flight accidents. It is said there were about 90,000 visitors to the airshow, but they said it was the last time it takes place – well it was already the last time some years ago, so hopefully there will be a next Okadama airshow.  
 After the airshow, the last stage was to fl y to Shikabe and stay at a hot spring. The people at Shikabe airport even off ered Hangar space for the airplanes to stay and everybody fueld up for the fl ight back home in Honshu – except us returning to Sapporo.
 
 This year ’s fly-in in Hokkaido was again a very enjoyable event and we look forward to arrange one next year again – please note it in your calendar.  

(大村一夫理事に訳していただきました)
 毎年、8月を目の前にしたこの季節の本州は、蒸し暑さが続き、まさに耐え難き日々を送らねばなりません。そのため多くのパイロットは北に向かって飛行するための、目的作り、もしくは誘いを待っていることと思います。その願いに応えるべき北海道のAOPA-Jのメンバーは皆様の来道を心待ちにして歓迎の準備をしており、又、特に今年は例年の美唄フライインの他に、4年ぶりに開催される丘珠航空ショー、そして、駒が岳の麓にある鹿部空 港、温泉、等、AOPA-Jの皆様をお誘いする三つの魅力ある企画を揃えて、暑さを逃れる素晴らしいフライトへのお誘いをしました。
 このお誘いに9機のメンバーの参加をいただきました。 また今回の丘珠航空ショーのフライインは展示参加だけ でなく主催者の札幌航空協会から航空ショー、プログラムに編隊飛行での参加を依頼され、私は非常にエキサイティングとなり、柳川/西村のお二人と編隊飛行をすることに大いなる期待と喜びをもったと同時に編隊飛行がいかに難しいか、事前に綿密な打ち合わせとトレーニング が必要か、私たちは、次回参加には多くのトレーニングに 時間を費やす必要を強く感じました。
 2012年7月27日(金)午後3時過ぎから参加機がタイムリーに美唄農道着陸場に到着しハンガートークを終え、車で15分ほどにある温泉宿、ゆうりん館へ。
 美唄に訪れるさいは、ゆうりん館が一番です。料理も、施設も最高!料金も手ごろ!  
 夕方には賑やかな宴会が開催され、美唄市の農政部長、須田氏から、参加されたAOPA-Jの皆様に歓迎と今後とも美唄農道着陸場の活用のご挨拶をいただきました。  
 二日目の28日(土)の朝から、すべての機体は明日の 航空ショー参加のため丘珠空港に移動しました。その後、 札幌のホテルにチェックイン。私と柳川/西村さんは編隊飛行の関係者と綿密な事前打ち合わせを行い明日の備えを!  
 夜は,札幌ビール園、クラッシックホール(この時期この場所は予約が取れないところを元丘珠空港管制官、青木氏の計らいで)ジンギスカンパーテー、たっぷり食べて、飲んで、楽しく記念写真!
 29日(日)機体展示と、私たちの編隊飛行など素晴らしい丘珠航空ショーを楽しんだが、三沢基地からの参加が事故のためキャンセルになったのは残念でした。今 回のショーは約90 , 000人の参加があり今回が丘珠航空 ショー開催が最後になるかも?との話がありますが、是非,存続を!
 丘珠航空ショー終了後、最終ステージ鹿部温泉へ!丘珠空港離陸、鹿部空港に向かい、朝日航空の皆様には大変お世話になり、北海道では少ないAVGASのある空港で全機ハンガー格納して頂き安心の宿泊でした。
 今年の北海道フライインAOPA-J参加メンバーの皆様、楽しんで頂けましたか?
 我々、AOPA-J北海道のメンバーは来年も皆様をお招きすることを楽しみにしております。2013年のカレンダーに是非とも予定を記入していてください!
 今回の北海道フライインへの様々な準備を頂いた、畑仲事務局長に深く感謝いたします。