AOPA-JAPAN Fly In

北宇都宮駐屯地 記念行事に参加して
  AOPA-JAPAN   事務局長 畑仲 紀子

 4 月のある日、陸上自衛隊北宇都宮基地より、5 月27日に開催する、基地開設39周年記念式典へのご招待とAOPA会員機参加のご依頼を頂きました。
 フライイン参加は基地側の諸般の事情によりここ数年実現しておりませんでしたが、本年度は私共の要請を受け入れて頂き大変嬉しく感謝申し上げる次第です。
 ご配慮頂きました稲葉貞志司令はじめご尽力頂きました基地の皆様に厚く御礼申し上げます。
 記念式典前日午後、予定通りAOPA参加3機が集合したところで、基地側が用意して下さったバスにて市内のホテルへ、夕食は地元堀川典子会員のご案内で有名な餃子やさんへ、皆、美味しい宇都宮餃子を満喫した夜でした。
 翌日も素晴らしいお天気に恵まれ、大勢の人々が訪れ飛行機に親しんだお祭りの1日でした。
 隊のパイロットによる素晴らしい航空ショーに皆大喜びの様でした。
 私達も、山縣副会長以下小型機展示に協力、沢山の飛行機ファンが興味深く機体を身近に感じて下さっていました。
 お昼のお弁当を頂いたあと、午後2時30分北海道に帰る1 号機ステーガーさんの機体を皆で見送った後、それぞれ順次帰路に就きました。
 フライインに参加して下さった皆様、有難うございました。
 又、地上より参加して下さった山縣副会長、長谷川邦会員、地元の奥貫会員、堀川会員ご夫妻、お世話になりました。
 そしてご招待下さった稲葉司令、準備から当日までお世話下さった恒廣様はじめ基地の皆様、有難うございました。