AOPA-JAPAN Fly In

横田基地 友好祭に参加して
   AOPA-JAPAN  龍ヶ崎 井口 典昭

 横田友好祭では細谷理事、 畑仲事務局長はじめ野村様、衣笠様、石塚様、大変お世話になりました。  
  私は今回初めて友好祭に参加させて頂きましたが、自機のJA4646を操縦して横田基地に着陸離陸できるなど夢のようなことで大変うれしく光栄に思っておりました。 これもAOPAーJAPANに入会させていただき実現できたことで、本当に深く感謝しています。  
 17日午後3時半ごろ、今回お世話くださっているヨコタ担当の細谷理事に同乗していただき、竜ヶ崎飛行場を離陸し、4時ごろ横田基地RWY 18に無事着陸しましたが、その直後雷雨のため、滑走路でたところで約1時間半ホールドさせられて、タワーから何のアナウンスもないためいったいどうしたのか機内で待機 していたところ、畑仲事務局長が携帯電話で「基地の規則で雷の影響がなくなるまで飛行機も車も人も全てストップ」と教えて頂き、ほっと一安心しました。  
 また17 日前夜祭のウェルカムパーティでは、第5空軍(在日兼在韓)総司令官のアンジェレラ中将と、第374運用中隊司令官のハクバース中佐から直接ご挨拶・名刺交換していただき、おいしいブッフェディ ナーをご馳走になりました。ウェルカムパーティーは横田基地の米軍関係者と、陸海空自衛隊の自衛官の方々約200人ぐらい参加されており非常ににこやかに楽しいひと時を一緒に過ごさせていただきました。私たちは少し遅れて行くと、席がほとんど一杯でしたが、空自の自衛官がさっと席を立ち、どうぞと私たちに席を譲って頂き嬉しく思いました。

 18日19日はお天気も良く、強い陽射しの中、一般来場者の方々が2日間で約15万名もの参加がありました。来場者は普段見れないような米軍や自衛隊の戦闘機や大型輸送機や偵察機を目の前で見学し、撮影されていました。
私もJA 4646の機長席に小さなお子さん達に座って 頂き、写真を撮って大変喜ばれました。
 また米軍の航空デモンストレーションでは、戦闘機のスクランブル発進や大型輸送機の低空飛行や、パラシュート部隊の実際の降下デモンストレーションを 行い来場者も我々も楽しく見学できました。
 19 日の午後は一番横田基地でお世話になった ジャーミー少佐から細谷理事と石塚会員と私と3名タ ワーとレーダー室を見学させていただき、本当に感激 しました。
 夜は友好祭の最後を飾って約30分打ち上げ花火の大饗宴があり、私たちAOPA-Jのメンバーは横田エアロクラブの皆様のご厚意でエアロクラブハンガー前の特等席からその花火大会を見学することができ、最後まで楽しむことができました。
 本当にお世話になり有難うございました。

フェスティバルの後は横田恒例のFOD ウォーク。FOD はForeign Object Damage のことで航空機が異物吸入により故障することを防ぐ措置です。兵士が一列に並んで塵拾いをします。壮観です。